スポンサーリンク

こども アトピー

現役保育士・2児の母、いえなゆうです。
私を含め、家族全員アレルギー体質の我が家。
アトピー・喘息・花粉症…ほんと、1年じゅうなにかの症状に苦しむことが多いのですが…

先日、一番アレルギー軽度できれいな肌の息子(14)がアトピーを発症。
もう、「爆発!!」という感じで14年分の湿疹・かゆみが出た感じでした。
今までアトピーが出ることがほとんどなく、とーーーってもきれいなつるつる肌だった息子。
だから、母親であり自身もアトピーに苦しむ私はすごいストレスと申し訳なさを感じ悩む日々。

色々な健康法やアトピーに効くもの(自分が実感しているもの)を試したり、皮膚科で標準治療を受けたり…
でも、アトピーって発症すると劇的に治るモノはステロイド剤しかないのが現実です。
仕事していても考えてしまう「きれいな肌だった息子のアトピー」。
しかも、結構重症。

そんな中、ふと気づいたんです。
「もしかして、アレがきっかけなのかもしれない」と。

息子は中学生なので、012歳のサイトに乗せるのは迷いもありました。
でも、赤ちゃんや小さいお子さんでアトピーに悩む方のヒントになるかも!と思い
記事にすることにしました。

■関連記事
水素水は赤ちゃんの肌トラブルに効果大!あせもやアトピーに悩む赤ちゃんは水素風呂が効く

アトピーの原因は「水道水」だった⁈

私が気づいた「アレ」とは、そう「水道水」。
私たちは2017年3月に引っ越してきました。
その前までは、浄水器とミネラルウォーターを併用して、飲み水にしたり料理に使っていたのですが
今の家にきてからは水道水のまま。

理由は色々(笑)
賃貸なのですが、浄水器が取り付けられない水道口だったり、日中不在で業者さんとの折り合いがつかない、など。
色々理由をつけて水道水のまま飲んでいたんです。
時々ペットボトルのミネラルウォーターを買うくらいでした。

水道水で1年経ってアトピーが悪化した

私たちにとって最も身近な「水」といえば、水道水だよね。
日本人は、蛇口をひねればいつでも水を使うことができて、
容易に使用できる環境で生活している日本人は生活用水を垂れ流すことで、水源を汚してしまったんだよ。
その汚染された水を殺菌処理するため、塩素を注入することになってしまったんだ。
いまや、日本の水道水は世界で最も塩素注入量が多い水になってしまったんだよ。

出典:「日本の水道水は飲み水として最適なものではない」藤田絋一郎先生の水の相談室(https://incorporationlive.com/column/tap-water-in-japan-is-not-optimal-as-drinking-water/

昔、「日本はもっとも安全な水道水の国」と言われていました。
世界各国がお金を出してミネラルウォーターを買うのにたいして、日本は蛇口をひねれば飲める水が出てきました。
しかし、今は時代も変わり「飲めるんだけど、体に良くない水」になってしまったというわけです。

塩素たっぷりの水道水を飲んで約1年、息子の肌は異変が。
しっとりつるつるだった肌が、なんとなくかさつきはじめ、かゆがりはじめたのです。
次第にそれらが広がって、体の広範囲に炎症と湿疹とブツブツが。
皮膚科の薬を塗ってよくなってもすぐ再発しました。

アトピーやアレルギー体質の人にとって、水道水は危険・悪化する可能性がある

水道水を飲むことができるよう、塩素で殺菌されている日本の水。
この塩素は、水道水1Lあたり0・1mg以上の濃度を保つように水道法で規定されています。
一般的に、人体にはさほど影響は無いと言われていますが、アトピーやアレルギー体質の人はどうでしょう?

実はその人たちにとってはかなり危険です。

アトピーをはじめとするアレルギー症状は、何らかの(体が危険、異物と認識するような)物質が体内に入ると発症します。
まさに塩素はその物質のひとつ。

しかも、それらが蓄積されある日爆発するように症状が出るのがアレルギーです。
水は常に摂取するもの。
水道水を常に摂取することで、反応がでてしまったのだと思われます。

また、塩素は腸内環境にとってもマイナス。
摂取し続けると、腸内の善玉菌が減ってしまうそう。
そして、腸内・肌のバリア機能の低下も招いてしまう恐れがあります。

ただでさえ、アトピー持ちの人は腸内環境が崩れている・善玉菌が少ないと言われており、塩素の入った水道水を飲むことで、さらに悪化させてしまう恐れがあるのです。

家族は、他の症状が出ていた

息子だけでなく、アレルギー一家の我が家。
夫は咳込み・娘は花粉症の悪化・私は慢性的なアトピー…アレルギーのデパート状態(泣)
夫は喘息ではなかったのですが、繰り返しているのでもしかしたら発症したのかもしれません。

娘も今までアトピー・喘息でしたが花粉症がプラスされてしまいました。
もちろん、断言はできませんが可能性は高いと思っています。
みんな、引っ越してから同じ時期に症状が悪化してますから。

私がなぜ、水道水が原因だと思ったのか?

それは、水が「薬品のにおいがする」「まずい」と感じたからです。
今まで、浄水器の水やミネラルウォーターを飲んでいたので、久しぶりに水道水を飲んだ時にびっくりしたんです。
「水道水って、こんなにまずいのか…」って。

しかし、その時はこんなに体に悪いものだと知らなかったので、そのまま飲んでいました。
本当に家族に申し訳ない気持ちでいっぱいです。

スポンサーリンク



塩素が入っていない水を飲んでアトピー対策をしよう

塩素がアトピー悪化の原因になることはもちろん、その他アレルギーや健康に良くないということがわかりました。
そのためには、塩素の入っていない水を飲みたいですね。
それには

・浄水器をとりつける
・ペットボトルのミネラルウォーターを買う
・ウォーターサーバーを導入する

の選択肢があります。

アトピー対策にはウォーターサーバーがおすすめ

浄水器の場合

浄水器は値段も安く(ピンキリですが)、一番手軽です。
しかし、カートリッジを定期的に交換するなど、自己管理が必要。
また、月1でカートリッジを届けてくれる業者さんもありますが、だいたいが平日に届けられる・不在時はドアノブにかけてくれる、といった昔ながらのやり方。

共働きで土日しかいない家庭や、オートロックのマンションだと対応がめんどう…というか無理?
私もオートロックのマンションに越してきたので、頼めなくなってしまいました。
こういった理由でおすすめしません。

ペットボトルの場合

重い。かさばる。ペットボトルがすぐたまる。500mlも2Lもあっという間になくなる。
非常用として常備はしたいところですが、普段使いだとなんとなく不便な感じです。
軟水・硬水・地域など選択肢が広い、手軽に買えるのは高ポイントです。

ウォーターサーバーの場合

今は各メーカーがウォーターサーバーを取り扱っていて、自分に合ったものを選ぶことができます。
それは味だけでなく、料金や届け方などのサービス面でも言えること。

もちろん、塩素は含まれていませんし、まとまった量のお水も定期的に届けてくれて助かります。
何より、水とお湯、どちらもすぐに飲むことができる点
これはとても便利ですよね。

特に、小さいお子さんや赤ちゃんがいる家庭では、夜中にお湯が必要になることがありますよね。
そんな時、すぐに用意できるのは高ポイントです。
お湯を沸かしたり、湯冷ましをつくって保存しておく手間が省けるのですから。

アトピー持ち・赤ちゃんのいる家庭におすすめ「プレミアムウォーター」

・初期費用、サーバーレンタル料、配送料(一部を除く)は無料
・「非加熱100%天然水(ナチュラルミネラルウォーター)で1WAYタイプ」の業界では最安値級(プランによります)
・赤ちゃんにも適したおいしい軟水(赤ちゃんは、内臓が未発達。ミネラル分が豊富な、硬度の高いお水は適しません。)
・サーバーのサイズや色が選べる・スタイリッシュなデザイン
・人口的な添加物(ミネラル成分)を何も足さない、自然本来の天然水を採水工場からそのままおとどけ

水道水をやめて息子の肌質が改善しています

水道水をやめてまだ2週間たらず、なのに息子の肌質が改善してきました。
アトピーを発症する前の、しっとりつるつる肌に戻ってきたんです!
もちろん、皮膚科でもらった保湿剤やステロイドは併用しています。
でも、湿疹が出ていないところもガサガサになっていたのに、以前の健康肌に戻ってくれました。
これは、ステロイドの効果ではありません。

やはり、塩素の入っていないきれいなお水を摂取することは大切なんだと実感しています。
だから、012歳の小さいお子さんや赤ちゃんがいる方にはウォーターサーバーできれいなお水を飲んでもらいたい…
アトピーなどで悩んでいる方、予防にもぜひおすすめです。
参考にしてもらえたら嬉しいです☺

■関連記事
水素水は赤ちゃんの肌トラブルに効果大!あせもやアトピーに悩む赤ちゃんは水素風呂が効く

スポンサーリンク