保育士

おとなしい性格だと保育士は向いてない?現役保育士が答えます

スポンサーリンク

保育士さんや保育士を目指す人の中には、自分は、どちらかというとおとなしい性格…保育士には向いていないかも?という悩みを抱えている人がたくさんいます。
引っ込み思案だから…と思う人もいますね。

なぜ、たくさんいる、と言い切れるのか?それは、私自身もそうだったからです。

保育士さんて、子ども相手にはつらつと、きゃぴきゃぴしたテンションで関わっているイメージがありますよね。
しかし、おとなしい性格だからといって、保育士に向かないわけではありません(キッパリ!)

ここでは、そんな悩める先生や、先生の卵であるあなたに、その理由と、保育士に本当に必要な性格(要素)をお伝えします
どうぞ、ご覧ください。

おとなしい性格が保育士に向いている理由

実際、保育園で働いてみると、おとなしい性格は、保育士に向かないどころか、むしろ「向いてる」とさえ思います。

そして、意外とそういう先生が多いことに気づきます。
そう、保育士=明るい・きゃぴきゃぴというのは、テレビでみる保育士のイメージであって、実際はそんなにいません笑

忘れてはならないのは、おとなしい=暗いではないということ。
明るさは大事な要素です。おとなしい性格でも明るく立ち振る舞わないと、こどもや保護者が不安になりますから。

では、それをふまえて、おとなしい性格が保育士に向いている理由をご紹介します。

おとなしい保育士はこどもや保護者に安心感を与える

おとなしい、というのは我を前面に出さないこと、とも言えます。
保育園は、保育に欠けるこどもを預かる場所。そこで、「我が我が~」と先生である自分を主張ばかりしていたらどうでしょう?

保護者は不信感を抱きやすくなるでしょう。
あくまでも、保育園の主役は「こども」。先生が主役になる場所ではないのです。
そして、大事な我が子を預ける保護者には、多少の不安があるものです。
その不安を解消するためには、先生に話を聞いてもらいたい、という心理が働くので、先生はおとなしいくらいの方が、保護者も話を聞きやすいでしょう。(話を聞いてほしい、保護者って本当にたくさんいます!)

特に、信頼関係ができるまでは慎重にかかわる必要があります。
こどもや保護者の小さな声に耳を傾けることが大事なのであって、必要以上に明るく、きゃぴきゃぴする必要はないのです。

職員同士の人間関係がうまくいく

保育士って我が強い人が多いです。(とはいえ、最初から強い人ばかりではありません。一生懸命保育していくうちに、自分の信念ができて、強くなっていくのですが)

  • 女性が多い職場である
  • 職場の規模が小さい、職員数が少ないので、人間関係が密になりやすい

保育園って大体こんな感じですが、この環境が劣悪な人間関係を作りやすいんです。

職員同士の人間関係の悪化は、退職につながります。

我が強い人ばかりだとどうでしょう。
少人数で狭い職場なので、あっと言う間に人間関係が悪くなり、職場の雰囲気が悪くなってしまいます。
すると、保育士さん自身もギスギス・カリカリして、こどもの保育にも悪い影響を及ぼします。

そんな時、おとなしい=我を前面に出さずにいられる、保育士さんがいると、雰囲気が悪くなるのを食い止めることができるんです。
我の強さを受け止めるのが上手な人、とも言えます。
これは、保育園にはかなり必要なスキルなんですよ。

これが、長年やってる人だと難しい!
保育士経験年数関係なく、おとなしく受け止められる人は貴重な存在!
だから、おとなしさは保育士を続けるのに必要な要素、保育士向きだといえるのです。

スポンサーリンク



大人しい=暗いではない!人前での立ち振る舞いは慣れで何とかなる

「私は大人しい性格、自己主張が苦手だから、保育士は向いてないんだろうなぁ」

「人前で話したり、表現するのが苦手だから、保育士は無理かも」

こんなこと、考えていませんか?
私もずっとそう思い、悩んでいたからよくわかります。
誕生会とか行事、懇談会とか、相当嫌ですよね…

☆ミニ情報☆
昔、緊張と声を出さなきゃ…のストレスで、声がまったく出なくなってしまったことがあります。(人前で話そうとすると声が出ない…心身症です)
それくらい、私はもともとおとなしめで、声を出すのが苦手だったんです(バイトの「いらっしゃいませ!」の声出しもできませんでした。)

でもね、今や保育歴12年目になりました。

大勢のこどもや保護者の前で声を出す、というのは、結局、慣れで解決します。
普段、はつらつとしている明るい先生も、誕生会や懇談会では緊張しているものです。
(段々とわかってきます)
もちろん、そういうのが得意で、緊張せず話せる先生もいますよ。でも、少数派です。

もうね、場数を踏んで慣れるしかない!の一言に尽きます。
それだけで、保育士に向かない、と思うのは非常にもったいない!
こんな私でも、保育士を続けているのですからあなたも大丈夫☆

人前で話すのが苦手なのは皆いっしょ。保育士に向かない要素ではない。

おとなしい保育士に必要なのは…笑顔です♡

大人しい=暗いではないとお話ししました。
しかし、喜怒哀楽が表情に表れにくい傾向はあります。
こどもや保護者に安心してもらうために必要なのは、1に笑顔、2に笑顔♡

保育士さんに、笑顔はとっても大切です。

私も保育士になりたての頃は、よく言われましたよ…「笑顔、笑顔!」って…
自分では笑っているつもりでも、緊張感があると笑えてないこともあります。
大げさなくらいの笑顔で、こどもや保護者に接するようにしましょう。

おとなしい性格は、保育士に向いている

いかがでしたか?
現役保育士の私が思う、おとなしい性格は保育士に向いている理由を挙げてみました。

  • こどもと関わりたい
  • こどもが好き
  • おはようごさいます、ありがとうございます、などの挨拶ができる
  • 人に感謝される仕事がしたい

この気持ちがあるあなたは、保育士に向いている人です。
おとなしいことを理由にせず、素敵な保育士さんを目指してくださいね。

スポンサーリンク
ABOUT ME
ゆう
保育士歴11年目のアラフォー。夫、中学生の息子と娘がいます。 毎日の保育園勤務と、時々シッターをしています。 人から「ありがとう」と言われることが生きがい♡ ♡好きなブランド IENA A.P.C 無印良品 unico ♡趣味 ショッピング、ドライブ、お洗濯、家電
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。