スキンケア・ヘアケア

おむつかぶれにワセリンが効く?市販薬は?治し方とママたちの対処法

新生児 おむつかぶれ ワセリン

スポンサーリンク

現役保育士、2児の母、いえなゆうです。

新生児から悩まされるおむつかぶれ…。
赤くて痛そう…かわいそうだからすぐ治してあげたいですよね。

皮膚科や小児科に行くのが一番!ですが、すぐに行けないこともあります。
他のママたちはどうしているの?

これ以上悪化しないようにする予防策でもあり、肌に合えばおむつかぶれが改善するアイテム…それがワセリン

ワセリンと言えば、昔ながらのお薬(保湿剤)なので、知っている方も多いのでは?
病院に行けなくても、薬局やドラッグストア、時々コンビニでも売られていて、入手しやすいワセリン。
お値段もお手頃なので、ひとつ持っておくと、おむつかぶれだけでなく、様々な肌トラブルに使えます。

今回は、おむつかぶれの原因と対策、ワセリンを使った予防法、先輩ママたちの体験談をお伝えします。

ちなみに、私自身も子どもも生まれてからずっと、アトピー性皮膚炎に悩まされているうちの一人。
だから、肌トラブルには敏感で色々な方法も試しています。
そんな私が書いた記事なので、参考にしていただけると嬉しいです。

 

Contents

新生児や赤ちゃんのために…おむつかぶれの原因と治し方

おむつかぶれ 赤ちゃん

おむつかぶれの原因は?

おむつかぶれ 原因

おむつかぶれの原因1.おしっこ・うんちの刺激によるもの

おしっこもうんちも老廃物。
これらは排泄して時間が経つにつれ分解が進み、刺激が強くなります

おしっこも刺激になりますが、うんちのほうが刺激物が多いのでかぶれやすい。
特に下痢や軟便のほうがかぶれやすいので、すぐに赤くなってしまいます。

こまめにおむつを替えてあげることはもちろん、長いことうんちをそのままにしないよう、うんちをしていないかチェックしてあげましょう。

もちろん、おしっこもこまめに替えてあげましょう。

おむつかぶれの原因2.赤ちゃんの肌は大人の1/2の薄さ

赤ちゃんの皮膚の厚さは成人の2分の1で、表皮の厚さは大人の半分の0.1mm程度しかないそう。
肌も未熟な状態で生まれてくる赤ちゃん。
大人と同じ厚さになるには、数年かかるそうです。
だから、少しの刺激でおしりも赤くかぶれやすいのですね。

おむつかぶれの原因3.おしりは常に汗で蒸れている

おしりにも汗腺があります。
特に赤ちゃんは汗っかき。

おむつの中は常に蒸れてふやけた状態、そこにおしっこやうんちをすることで余計にふやけてしまいがち。
湿度が高いので、雑菌も繁殖しやすい環境です。

おむつかぶれの原因4.カビによるかぶれや皮膚炎

上にも書きましたが、湿度が高いので、細菌同様カビ菌も繁殖しやすいのが赤ちゃんのおしり。

おむつかぶれがどんどん悪化してきた、まったく治らない、白っぽい発疹…などの状態になったらカビの可能性も。

すぐに受診をしましょう。

おむつかぶれの原因5.おむつがきつくて通気性が悪い

赤ちゃんの成長は早いもの。
気づくとおむつがきつくなっていて、通気性が悪くなりかぶれてしまうこともあります。

使い切らないともったいない!と思いがちですが、きつくておしりが赤い場合は、サイズアップしてあげましょう。
その後もこまめなサイズチェックが予防と対策に有効です。

おむつかぶれの原因6.おむつが合わない

おむつのメーカーを変えたら良くなった、という声もよく聞きます。
サイズも合っていて他に原因が見当たらないなら、メーカーをかえてみるのも手です。

おむつかぶれの原因7.おしりふきが合わない・刺激になっている

おしりふきは添加物も含まれているので、肌が弱い赤ちゃんだと、刺激になってかぶれてしまうこともあります。

こちらも他の種類に変えて様子をみるとよいです。

また、拭きとること自体が刺激になっている可能性もあります。
なるべくゴシゴシせず、1回1回優しく拭きとってあげましょう。

おうちにいるときは、最後にホットタオルで仕上げ拭きしたり、シャワーで洗い流すのも効果的です。
特に肌が荒れている時は効果てきめん!

 

おむつかぶれにはワセリンが効く?先輩ママたちの対処法あれこれ

先輩ママたちは、どんな対策をしているの?いくつかご紹介します。

拭き取った後は十分に乾かす

私はオムツかぶれ対策に良く乾かすことを徹底しています。
お尻拭きで拭き取ったあとは少しまだ濡れていると思うんですよね。
もたもたしているとおしっこをされてしまう危険がありますが、十分に乾かしてからオムツを付けてあげるようにしたらオムツかぶれがグッと軽減されましたよ。
私は新しいオムツをうちわ代わりにパタパタと仰いでからオムツをつけます。
あとは口でフゥーとしたり(笑)
知り合いのママ友は、オムツ交換専用の手で持てるミニ扇風機を購入したと聞きました。

 

拭き取るより洗い流す

うんちを頻繁にする新生児の頃や下痢などの時は、拭き取るよりも水かお湯で洗い流す方がより清潔です。
100均で売っているマヨネーズなどを入れる容器にお湯を入れ、古いオムツを下に敷き、ピューとおしりにかけて洗い流していました。
どのオムツに交換してもオムツかぶれが改善しなかった娘が、この方法を試してからはかぶれることが少なくなりましたよ。
腰が据わって来たら、洗面器をお尻につけて洗ってあげるのもいいんじゃないでしょうか。

夏場は1日3回シャワーと薬を

我が家の娘は、夏場のおむつかぶれが酷く、毎日のお風呂では全く改善されませんでした。なので、汗をかいたら必ずシャワーを浴びさせること。そして軟膏を塗ってベビーパウダーを叩く。これを1日に朝・お昼寝後・寝る前と少なくても3回ほど行いました。
三日目くらいから赤みは治まり、1週間でようやく綺麗になりました。軟膏については、ステロイドが入っていないタイプを使用しました。おむつもおしっこをしたらすぐに交換していました。やはり清潔に保ち、菌を繁殖させないように気を付けるのが鉄則なんだなと思いました。

 

桃の葉ローションを使いました

おむつかぶれはうちもすごかったです。すぐに赤くなるのでおむつを変え、おしりふきを変え、おしりふきがよくないと言われガーゼにぬるま湯に変え、それでもなかなか良くならず、お医者さんにも相談しました。
その時にナースでも年長の方が気を利かせて桃の葉ローションのサンプルをくださいました。いくら病院のおすすめでも市販薬なんて、と産後のぴりぴりとおむつかぶれの悩みのストレスでいっぱいの私はショックを受けたのですが一応のつもりでお風呂あがりにつけてあげました。
すると、これが効いてくれたのです!桃の葉ローション、昔からあるものなんですね。おすすめします。

 

おむつかぶれには、シュッシュッ!が一番!!

2歳の女の子と1歳の男の子のママです!娘も息子も、皮膚が弱くて本当に苦労しました。特に女の子はおしり拭きでは汚れも取れにくいし、直ぐにかぶれるし…はじめのころは、お風呂で洗ったたりしたけど、外出時は洗えないし、こするとかぶれも酷くなるし…その時考えたのが、霧吹きなんです!!
ぬるま湯を入れてシュシュって感じ!!洗うのと同じ感じですよ!!自宅用は普通のサイズで、外出時は携帯用の霧吹きで!!かなり楽ちんです。是非、お試しあれ!!

おむつかぶれは、ホワイトワセリンに助けられました

二児の母です。下の子は8か月で出産していたためかしばらく皮膚が弱く、おむつかぶれになりました。こまめにおむつを替えているつもりでも少しずつ赤みが強くなり、見てる方が痛くなってきそうでした。ネットで調べて白色ワセリンがいいとのことで急いで薬局へ行きました。値段は覚えてはいませんが薬と覚悟していった割に安くて助かった気がします。

おむつを替えたときに薄く塗ってあげるとまるでおしっこがはじくイメージ。交換の度ではなく、薬が取れてきたタイミングで塗りました。摩擦もよくないと思ったので最小限に。おかげでかぶれは改善し、しばらくはちょっと悪くなると塗ってひどくなるのを防げました。安心して使えるのでぜひお奨めです。

 

おむつかぶれには、おしりシャワーとおむつをはずす時間を作った

おむつかぶれ、うちの子もひどかったのですが、うんちの汚れを確実に落とすにはおしりシャワーが良い、と先輩ママから教えられ、通販で購入しました。

適温のお湯を入れたボトルのふたをあけるとそこからシャワーのようにお湯が流れるので、赤ちゃんの汚れたおしり目がけてシャワーします。するときれいにうんちが流れておしりはぴかぴか。お出かけ先で大活躍しました。
それからおむつはいろいろメーカーを使い比べて、うちの子に合うものを見付けました。おむつをはずしてのびのびハイハイさせる時間を作るのもおすすめです

☺みなさん、色々工夫されていますね。

スポンサーリンク



おむつかぶれの対処法・私が使っていたおすすめグッズ

それでは、私がおむつかぶれ対策・予防に使っていたグッズを紹介します。

リッチェルおしりシャワー

 

おむつかぶれ リッチェル おしりシャワー出典:ORANGE-BABY

コンパクトサイズで携帯にも便利!
うんちをした時や、おしりが赤い時のおむつ交換の必需品でした。
お水を入れてシャワーのように吹きかけるだけ!
あとはおしりふきでポンポン、と水分を吸い取り終了。
おしりふきだけで拭きとるより汚れも落ちやすいし、普通の水道水なので安全、アトピー肌の赤ちゃんにもおすすめですよ。

携帯用おしりシャワー

ワセリン・ホワイトワセリン・プロペト

薬局やドラッグストアでも安価に売っています。
ただし、ホワイトワセリンはワセリンの不純物を取り除いた、いわば高級ワセリンなのでお値段が高めです。
ワセリン、プロペトは皮膚科や小児科で処方してもらえば保険適応でもっと安い、もしくは乳幼児医療証で無料で処方してもらえます。
油分が主体なので、おしっこやうんちの刺激から肌を守ってくれるバリアーになりますし、おむつかぶれ予防だけではなく、よだれかぶれ防止、乾燥肌を保護し、しっとりさせてくれるなど色々使い道があります。
病院を受診しないなら、常備薬として購入するのもおすすめです。

ワセリン

ベビーワセリン

サンホワイト(ホワイトワセリン)

普通のワセリンより不純物がなく、さらっとしています。赤ちゃん・ママの保湿剤代わりにもなりますよ。
アトピー治療にも使ったことがあり、使用感良いです!

ワセリン・プロペトここに注意

おむつかぶれの予防には効果てきめんのワセリンやプロペトですが、
すでに赤く炎症を起こしているところや、ジュクジュクしているところには塗らない方が良いです。
ワセリンに炎症をおさえる効果はありません。

むしろ、油分なので通気性がなくもっと蒸れてしまったり患部がほてって痒くなってしまいます。

私自身の肌や娘の肌で実証済み。

薬局・ドラッグストアで購入できる市販薬・ポリベビー

おむつかぶれ ポリベビー 佐藤製薬出典:http://www.polibaby.jp/

定番の一本。赤ちゃんがいる家庭に1つあると安心なお薬。
患部を清潔な状態にしてから塗布しましょう。
少しの赤みなら治ってしまうことが多いです。
また、ジュクジュクした患部にも使えて便利

菜種油とサラシミツロウなどの天然素材に、痒みを抑える抗ヒスタミン剤の自フェンヒドラミンを添加した第3類医薬品です。細菌感染を予防する殺菌成分のトリクロロカルバニリド、症状を早く治すビタミンA、ビタミンD2、酸化亜鉛も配合されています。

おむつかぶれにベビーパウダーは使ってもいい?

おむつかぶれ ベビーパウダー

おむつかぶれの市販グッズに、ベビーパウダーがあります。
ベビーパウダーは、昔ながらの製品で、じいじやばあばが子育てしていた時代はよく使われていました。
しかし、今ではおむつかぶれには推奨されていません。

毛穴をふさいでしまったり、汗や水分と混ざって汚れになってしまう…等、清潔と保護が大事なおむつかぶれの対処には向かないから、と言われています。

おむつかぶれの基本は…シャワーで洗い流す・しっかり乾かす・必要があればワセリンで保護

おむつかぶれ 洗う

おむつかぶれを治したい時の基本は、シャワーで汚れを洗い流し、その後はしっかり乾かすこと
水分が残ったままおむつをつけると、あっという間に蒸れてしまい、かぶれが悪化したり、かぶれを引き起こす原因になるからです。

しっかり乾いたら、必要に応じてワセリンや薬を塗布し、保護してあげると良いです。
もちろん、必要がなければ何も塗らずきれいな状態でおむつをはかせてあげましょう。

忙しい毎日、時間がないとおふろ上がりにすぐおむつをはかせてしまいがち。
おしっこしてほしくない気持ちもありますよね。
しかし、おむつかぶれなど肌にトラブルがある時は、しっかり乾かしてあげることを優先してあげてくださいね。
効果抜群です!

おむつかぶれが悪化・治らないそんな時は?

おむつかぶれ 治らない

色々試してもおむつかぶれが悪化したり、治らない、なおってもすぐ再発する…そんな時は受診してしっかり治してあげましょう。
と同時に、おうちでもできることがあります…それは、赤ちゃんにも使える優しさもありながら、確かな殺菌力があるせっけんを使って洗ってあげること。
おすすめなのは、コラージュフルフル泡石鹸

Wの殺菌・抗菌力でかぶれやカビ菌に効果を発揮します!Wの殺菌・抗菌力はコラージュフルフルだけ。
かぶれだけではなく、カビ菌が原因である肌トラブルにも効果的で、予防にもなりますよ。

確かな殺菌・抗菌力があるのに、赤ちゃんからお年寄りまで、年齢問わず使える優しい処方。
脱脂力が強すぎたり、カサカサになってしまったり、刺激が強すぎることがなく安心して使えます。
家族みんなで使えるのも良いですね。

おむつかぶれ 石鹸https://karadanokabi.jp/cfs/scene/scene7.html

デリケートゾーンだけじゃない。赤ちゃんにも使える、信頼と実績の泡石鹸
持田ヘルスケア コラージュフルフル泡石鹸

さいごに

新生児 おむつかぶれ ワセリン

赤ちゃんが一度は通る道⁈といっても過言ではない、おむつかぶれ
肌が比較的強い赤ちゃんなら、多少のかぶれや赤みも自然に治ってしまいますが、ケアすることはとても大事。
特に、暑い夏は菌が繁殖しやすく悪化するのも早く、本当に、びっくりするくらいあっという間に広がってしまいます!
とびひやカビになると、内服薬がないと治らなくなりますし、何より赤ちゃんが痛がってかわいそう。

単なるおむつかぶれだったのに、ケアを怠ったことで内服薬が必要になるくらいひどくなるのはよくあることです。
ワセリンや市販薬を上手に使う、ここにあることを心がける…で、つるつるのおしりを守ってあげてくださいね。

スポンサーリンク
ABOUT ME
ゆう
保育士歴11年目のアラフォー。夫、中学生の息子と娘がいます。 毎日の保育園勤務と、時々シッターをしています。 人から「ありがとう」と言われることが生きがい♡ ♡好きなブランド IENA A.P.C 無印良品 unico ♡趣味 ショッピング、ドライブ、お洗濯、家電
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。