イヤイヤ期

イヤイヤ期(1歳半〜2歳)でご飯を食べない…保育士流対処法を教えます

イヤイヤ期 ご飯食べない

スポンサーリンク

現役保育士・2児の母、いえなゆうです。

「イヤイヤ期でごはんを食べてくれません。どうしたらいい?」
ママたちの定番の悩み、あなただけではありません。

一生懸命用意した食事をイヤイヤ!
拒否されると悲しいですよね…
「なんで食べないのっ!」てイライラするのも当然です。

これが、毎日毎食続くとなると…「キィーーーーーーッ」と発狂したくなりませんか?
感情的になって、テーブルごとひっくり返したくなることもしょっちゅう。

私はそうでした笑

この記事では、

1.イヤイヤしてごはんを食べない時の対処法
2.イヤイヤ期とは?いつまで続くの?どうやって付き合っていくの?

の2本立てでシェアしていきます。

「頑張って食べる」は子どもにとって必要な試練

イヤイヤ期 ご飯食べない

実際に発狂するかしないかは置いといて、こんな時はどうするか?
結論は「一口は食べてもらう」です。

まだ1歳半だから…と、本人の言うとおりにする必要はないんです。

苦手な野菜も、「一口食べたらおしまいね」と言って少しは食べてもらいましょう。

イヤイヤ期の対応は、毅然と善悪を伝えていくことが大事

こどもにとって、イヤイヤ期はまさに試練の連続の時期。

最初の試練は「食事」
今までは、何でも食べていた子も、好き嫌いが出てきます。
それをどう乗り越えることが大事なプロセス。

食事の試練を乗り切ることができないと、その後の試練も乗り越えることができず、ひ弱で生きていくのがつらいこどもになってしまいます。
生きる力が育まれない、ということですね。

実際、保育士研修でも聞いたお話です。

なんでも「ハイハイ」、と大人が子どもの言いなりになっていたらどうなると思いますか?
おとなのいうことを聞けず、集団生活でも苦労する姿が目に浮かびます。
最近問題になっている学級崩壊は、その最たるものですね。

イヤイヤ期に試練を乗り越えてこなかった、おとなが善悪を伝えてこなかった…そんなこどもが増えているのが原因だと言われています。

たかが食事、と思いがちですが、大事な成長過程です。

 

スポンサーリンク



イヤイヤ期でご飯を食べない時の対策

イヤイヤ期 ご飯食べない

1歳半以降なら言葉のかけひきを!「ひとくちだけ」は魔法の言葉

今まで本能的になんでも食べていた赤ちゃん時代を卒業して、自分の好み
が出てくる1歳半。

特に野菜は食べなくなる傾向があります。

小さいけれど、大人が言うことはよく理解できるようになる時期なので、言葉のかけひきが通用するようになります。

魔法の言葉

「これ(一口分)だけ食べたらおしまいだよ」

「これ食べたらこっち(好きなもの)にしようね」

など、一回頑張るだけ・頑張ったらおたのしみがあること
を伝えてみましょう。

おたのしみは、好きなくだものや食材(お菓子以外)、汁物など。
苦手なものと好きなものを交互に食べるのもおすすめです。

「どれ食べる?」こどもに選ばせてみるのも有効

魔法の言葉、2つ目は「あとひと口、どれにする?」「どっちか食べたらおしまいね、どっちにする?」です。

こどもは、自分で選択すると食べられることが多いです。

だから、残っているメニューが2種類以上ある時や、おかずどっちかを食べてほしい時など、「どっちか1口食べたらおしまいにしようね、どっちにする?」と聞いてみてください。

その日はうまくいかないかもしれませんが、毎日続けていくと、ひと口は食べられるようになると思います。

これも、日々、保育士が保育園のこどもにしているテクニックです。
やってみてくださいね。

こどもも自信がつくと食べられるようになる

イヤイヤ期 いつまで

最初は「イヤイヤ~ッ!」と食べてくれないかもしれません。
だって、自分が苦手なもの、気分が乗らないのですから。
拒否するのは当然です。

しかし、毎日繰り返しくり返し…おとなもあきらめず働きかけると、ある日を境に食べてくれるようになります。
子どもも自信がつくのです。

「ぼく、わたし、きらいなものもたべられた!!ほめてもらえた!!うれしい!!」

この自信と達成感が、食事だけでなく今後の試練に立ち向かう時の力になるのです。
「たかが食事」ではないのですね。
食べてくれないからといってあきらめず、一貫した姿勢を貫くことが大事です。

1歳半以降の子どもは、言葉がしゃべれなくても大人の言うことが理解できる。
赤ちゃんとはちがって、「ひとくちだけ・これだけ」のやり方が使えます。

食事の量を減らす。

もう一つ効果的なのは、「お皿に盛りつける量を一口分にしてしまう」こと。

視覚からアプローチする方法です。

大人だって、苦手な食材がお皿に山盛りになっていたらうんざりしますよね。

お皿にはその子が頑張れる量だけを盛り付けるのです。
一口なら一口分、その半分ならその半分だけ。
大人は「これだけっ?」と思うかもしれませんが、それでOKです。

ここで欲張って量をふやしてしまうと逆効果で、昨日はがんばれたのに頑張れなくなってしまうかもしれません。

すこしづつ…すこしづつ…スモールステップでいきましょう!

飲んでいるなら、思い切って断乳・卒乳する

イヤイヤ期 ご飯食べない
1歳半だと、まだミルクや母乳をのんでいることがあります。
食事を食べてほしいなら、思い切ってやめてみましょう。

これは効果てきめんです!

ママの方がさみしくて、なかなか授乳をやめられない、ということも多いです。
確かに、授乳の時って、なんとも幸せな気持ちになりますよね。
私もそうでした。

しかし、1歳半なら食事をとっていきたい時期。
思い切ってやめると、食が細い子が食べるようになったり、苦手なものも頑張れるようになるのも事実。
また、赤ちゃん意識が抜け、お兄さんお姉さんになりますよ。
断乳・卒乳、おすすめです。

保育士が日々実践している方法、ご家庭でも取り入れてみてくださいね。

そもそもイヤイヤ期とは?

イヤイヤ期とは

こどもの第一次反抗期と言われています。

子どもはいつまでも赤ちゃんではありません。
赤ちゃんから意思のある子どもに成長していきます。
言葉で気持ちをうまく伝えられないこの時期、イヤイヤ期の子どもたちは一生懸命意思を伝えようとします。

時にはひっくり返ったり、大暴れしたり、身体全体を使って表現することもありますよね。
あまりの暴君っぷりに、初めての育児だとびっくりしてしまうパパやママもいます。

スーパーでひっくり返ってみたり、早く出かけたいのに「いやだいやだ!」と謎の大泣きをしたり、普段見向きもしないおもちゃで遊ぶ、持っていく、やっぱりいらない!と支離滅裂なわがままを言うことも。

また、イヤイヤ期になり、夜泣きがひどくなった…ということもあります。

イヤイヤ期 夜泣き
イヤイヤ期(1歳半~)の夜泣き…もう嫌!な時心がける簡単なことイヤイヤ期に夜泣きが重なると…それはもう壮絶。 普段のイヤイヤ・反抗期に付き合うのも大変なのに、さらに夜泣きまで加わると、大人はノイロ...

とにかく、イヤイヤ期はおとなにとっては、非常にめんどくさく、イライラする時期です。

そんなイヤイヤ期、大人からみれば「反抗期」ですが、こどもにとっては「自己主張」です。
赤ちゃんの頃は、本能で生きていますが、この頃は自分の好みも出て「これがいい。あれはイヤ」と訴えているのです。

魔の2歳児?イヤイヤ期はいつからいつまで続くの?

イヤイヤ期 対応

初めての育児、初めてのイヤイヤ期と向き合うパパやママにとっては、毎日毎日思い通りに動いてくれない我が子をみると、「早く終わらないかな…」「いつまで続くのかな…」と、終わりが見えない気持ちになるでしょう。

おとなからしたらめんどくさいイヤイヤ期、どれくらいの期間続くのかというと、

だいたい、1歳半~3歳前くらいのことが多いようです。

3歳過ぎると、「育児がラクになった…」と感じる人が多く、私自身もそうでした。
また、2歳児クラスを担任すると毎回実感します。
全員が2歳の年度はじめと、3歳のお誕生日を迎えた年度終わりでは、こどもが全然ちがいます。

イヤイヤ期が落ち着いたな…と実感しますよ♪

さいごに

●イヤイヤ期でごはんをたべてくれないときはどうする?
●イヤイヤ期の実態

についてシェアしました。

まとめ

イヤイヤ期でも、ひと口は食べよう
ひとくちたべたら好きなもの、言葉のかけひきを使おう
苦手なものは量を極限に減らし、ひと口は頑張る
思い切って断乳・卒乳する
イヤイヤ期は1歳半から3歳位まで。必ず終わりが来る

現役保育士が実践している方法で、イヤイヤ期のごはんたべない問題が解決されたら嬉しいです!

イヤイヤ期の悩み

イヤイヤ期 夜泣き
イヤイヤ期(1歳半~)の夜泣き…もう嫌!な時心がける簡単なことイヤイヤ期に夜泣きが重なると…それはもう壮絶。 普段のイヤイヤ・反抗期に付き合うのも大変なのに、さらに夜泣きまで加わると、大人はノイロ...
ABOUT ME
ゆう
保育士歴11年目のアラフォー。夫、中学生の息子と娘がいます。 毎日の保育園勤務と、時々シッターをしています。 人から「ありがとう」と言われることが生きがい♡ ♡好きなブランド IENA A.P.C 無印良品 unico ♡趣味 ショッピング、ドライブ、お洗濯、家電
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。