スポンサーリンク

現役保育士・2児の母、いえなゆうです。

保育園や幼稚園などのお遊戯会(発表会)を楽しみにしている半面、こどもの衣装作りに頭を抱えていませんか?
園によっては、保護者の手作りが基本、というところもまだまだたくさんあるようです。

もともと、お裁縫が得意、好きなあなたは本領発揮!
楽しめる作業かもしれませんが、苦手な方も多いはず。
もしくは、作るのは好きだけど、とにかく時間がない!っていう方もいますよね。

私も得意な方ではありません。
保育士なので、「衣装作るの得意でしょ?」って聞かれたこと数知れず…
保育士や先生にも、お裁縫が苦手な人はゴマンといますよ。

苦手だからこそ、簡単に作れる素材や本に頼ってこどもの衣装を作っています。
(たくさんのこどもの衣装を作らないといけないしね)

それをあなたにも伝授します!

保育士伝授!簡単にお遊戯会の衣装が作れる素材って?

ズバリ!
不織布カラーポリ袋です。

どちらも安価で売っています。

不織布の特徴

不織布(ふしょくふ)とは、布という字がついていますが、紙のような質感です。
繊維を織らないで加工したもので、ガサガサした感触、滑りが悪い触り心地。

代表的なのは、使い捨てマスクです。

さまざまな色が売られているので、こどもの衣装にぴったり。

ハサミで切りやすく、切り口を縫わなくてもほつれてきません。
だから、縫物が苦手な方も扱いやすい。

しかし、伸縮性がない・着心地がごわっとするのがマイナスポイント。
あまりにもピッタリすぎると、動いたときに「ビリッ!」なんてことも。
また、こどもが動きづらく、練習の時のパフォーマンスができない場合もあるので、多少ゆとりのあるサイジングにしたり、ゴムを通したりする工夫が必要です。

保育士・先生御用達☆衣装がサクッと完成する⁈お役立ちサイトはコレ

お遊戯会、衣装、手作り
https://www.artec-kk.co.jp/ishou/

不織布を使った衣装の作り方や、型紙がダウンロードできます。

シャツ・ワンピース・ズボン・ベスト・カチューシャ(動物の耳)…洋風から和風まで、お遊戯会や発表会に対応できる衣装の型紙なので、とても便利。

また、出来上がりの衣装も売っています。
0・1・2歳のお子さまには大きいかもしれませんが、少し手を加えれば、自分で1から作るより簡単にできますね。
幼児さんならそのままでも使えそうです♪

カラーポリ袋の特徴

さて、もう1つの素材はカラーポリ袋です。
通称・「カラーポリ」。

いわゆる、つるっとしたつやのある、ポリ袋(ゴミ袋)のカラー版です。

これもハサミで切断してもほつれることなく、安価なので失敗しても気軽に作り直せます
お裁縫が苦手な方は、失敗が怖い!という方が多いのではないでしょうか?
失敗しても大丈夫・気楽に作れる…これだけでもハードルが下がりますよね。

また、一切縫う必要はなく、セロテープ等で貼ってサクサク作れます!
ウェストやかぼちゃパンツのふともも部分にゴムを入れる時も、ゴムを通してくしゅっとさせて、セロテープでとめるだけ。

しかし、難点は通気性が悪いこと

ビニールなので仕方ないといえばそれまでですが、夏にガッツリカラーポリの衣装を着せるのは暑いです…

お遊戯会や発表会は、大体秋~冬に行われることが多いので、大丈夫かな…と思いますが、欠点ではありますね。

また、布の衣装より安っぽくみえます

何といっても、ビニールなので…

しかし!
キラキラテープなど、装飾をつけると一気に華やかになります。
縫わないので、付けるのも簡単。これが嬉しいところ♡

●カラーポリ袋・ほどよい厚みでつくりやすい
なかなか店頭では見つけにくいカラーポリ。通販がおすすめ

●45Lタイプ