スポンサーリンク

現役保育士・2児の母、いえなゆうです。

絵本は育児をする上で大事、子育てに良い影響をもたらしてくれるもの、だと思います。

しかし、ちまたでは、「絵本の読み聞かせに効果はない」という声も。

どちらが正しいのでしょうか?私が思うこと、調べたこと、0歳・1歳・2歳…幼児さんにとっての絵本の読み聞かせではどうなのか…を書いてみました。

■関連記事
絵本の読み聞かせ効果は絶大!育児のイライラにも効く、絵本の効果とは?

絵本の読み聞かせは効果なし⁈なぜそう言われるかを考察しました

絵本 読み聞かせ 効果

2択・100%はない

絵本の読み聞かせは、「効果がある」「効果はない」
たった2択しかないのでしょうか?そんなことはないですよね。
その子にとって、効果が感じられる部分と感じられない部分、どちらもあるはず。

「100%効果がなかった」と言い切るのはナンセンスだと思います。

効果がみられる部分とみられない部分がある…絵本はあくまで補助的なツールである

上の話の続き…例えば、絵本の読み聞かせをするようになってから、急激に言葉が増えた。は、語彙力が増えた、という効果がみられたということ。

言葉に関しては比較的効果を感じやすいかもしれません。

しかし、トイレトレーニングをすすめたいから、という効果を期待して、トイレ関連の絵本をみせたけどトレーニングが進まない…効果がなかった。要は、しつけには効果がなかった、ということですよね。

特に、しつけ効果に期待しすぎたり、意識しすぎると「効果がない」と思ってしまいがちです。

絵本に何を期待するかによって、感じ方は変わります。

中でも、しつけや生活習慣は絵本だけでは身につかないもの。
日頃の、おとなからの働きかけやトレーニングが第一で、絵本はあくまでも補助的なツール。
絵本だけに頼ろうとすると、効果はない、と言えるでしょう。

「効果がなかった」は時期尚早である場合が多い

「うちの子、絵本の読み聞かせをしてきたけど、まったく効果なかったよ。勉強も好きじゃないし、漢字も苦手だし…」

こんなセリフを聞くと、

「じゃあ、苦労して読み聞かせしなくてもいいんじゃないか」

「毎晩眠いのに読み聞かせをするのがバカバカしい」

など思ってしまいますよね。

しかし、「効果なかった」と言ったその人のお子さんは今何歳でしょうか?
勉強をするようになる、成績を気にするようになる、小学生位のお母さんであることが多い印象です。

絵本の読み聞かせから始まり、次第に字が読めるようになって読書をするようになります。
小学生の場合は読書ですね。

乳幼児期の読み聞かせと、読書の効果は似て非なるものです。

このブログを読んで下さっているあなたは、乳幼児のお子さんのパパやママだと思います。

小学生以上のママが言う、「効果がなかった」は読書の効果であり、「読み聞かせの効果」ではないでしょうから、そのまま鵜呑みにする必要はありません。

それに、読み聞かせも読書も、長い目で見て効果が感じられるもの(中にはすぐ効果がでるものもありますが)。
小学生のお子さんの保護者が「効果がなかった」と言うのは早すぎると思うのです。

スポンサーリンク



大人からの下心を感じさせると逆効果

上にも書いたように、「しつけ」や「知育」を意識しすぎて読み聞かせをした場合は、「期待外れ」になりがちです。

「おとなの下心」ですね(笑)無理矢理感…というか。

こどもは大人の下心を察知すると、途端に興味をなくします。

「勉強しなさい!勉強したの?」とガミガミ言われると、ヤル気をなくしますよね。
「勉強なんてしたくない!」と思うことでしょう。

下心は口で言わなくても伝わってしまうものです。
無言の圧力を感じてしまい、小さなこどもは絵本への興味が薄れてしまいます。

もともと絵本に興味があまりない子であればなおさら。

もちろん、しつけや知育を意識することはとても大事。
また、それらに効果的な素晴らしい絵本もあるので、圧力にならないよう心がけて準備したり見せるようにしたいですね。

乳幼児期・読み聞かせの醍醐味は、勉強ではなく、精神的な満足感を得ること

絵本の読み聞かせ→読書の効果=勉強ができるようになる・作文がうまく書ける・漢字が得意になる…

など、どうしても勉強面での効果を期待しがちです。

しかし、上にも書きましたが、絵本の読み聞かせと読書は似て非なるもの。

乳幼児期の読み聞かせの一番の効果は、こども(親子)の精神的な満足感を得られること。

そこに想像力・語彙力が増えるなどの効果がついてきます。

そう、こどもはひざの上で絵本を読んでもらうことでスキンシップになったり、自分のために読んでくれる、語りかけてくれる…を感じることができ、精神的な満足感を得ることができる

それは、「自分は愛されているんだ」と実感できることにつながるのです。

その効果はみんなが感じられるもの。

「うちの子に読み聞かせの効果はなかった」と言っていた、その親子にもあったはずの効果なんです。
ただ、気づいていないだけ。

絵本の読み聞かせの効果はある!乳幼児期の読み聞かせは、こどもとの愛着関係を築く効果がある

絵本、効果

■関連記事
絵本の読み聞かせ効果は絶大!育児のイライラにも効く、絵本の効果とは?

そう、乳幼児期、特に0歳・1歳・2歳の小さなお子様への絵本の読み聞かせは生きる上でとても大事。
「自分は愛されている」と感じられる効果があります。

大人とこどもの愛着関係とも言います。
これがないと、こどもは人間を信頼することができず、非常に生きにくくなってしまいます。

しつけ・生活習慣・勉強面だけの効果を期待するとと落胆してしまい、「効果がなかった」と感じてしまうのです。

その子が好きな絵本、興味のある絵本、見せてみて反応が良かった絵本を、読み聞かせする習慣をつけると必ず効果を感じられるはず。

良い親子関係が築け、人のことを大好き、信頼できる子になるでしょう。

ネガティブな意見は、人のコメントを鵜呑みにしすぎず、長い目でこどもたちに働きかけていきたいですね。

絵本の効果は確実にありますよ保育園のこどもたちや我が子でもそう感じることがいっぱいありました!

保育園のんこどもたちには、読み聞かせの習慣をつけたことで、様々な効果が感じられました。
しかし、我が子にはもっと読んであげればよかった…と反省( ;∀;)

☺その子に合った、興味のある絵本を中心に絵本をみる、読み聞かせしてもらう習慣をつけてあげてくださいね☺

■関連記事
絵本の読み聞かせ効果は絶大!育児のイライラにも効く、絵本の効果とは?

乳児向け・絵本たち

〈0歳向け〉
赤ちゃん(0歳)は絵本をいつから読めばいいの?ブックスタートにおすすめ絵本を紹介
赤ちゃんにいつから絵本を読む?月齢別絵本の見せ方と効果・~6ヶ月編

〈1歳向け〉
月刊絵本のおすすめ。1歳~月額1000円の、海外のおしゃれなしかけ絵本で脳の活性化!
1歳向き絵本人気があるのはこれだ!保育士おすすめ絵本17選

〈2歳向け〉
2歳児の言葉が遅れてる?目安や対応は?

〈絵本の効果〉
絵本の読み聞かせ効果は絶大!育児のイライラにも効く、絵本の効果とは?

絵本の読み聞かせは効果なし⁈いやいや、効果はある!と思う理由とは?

〈シーン別〉
保育士が選ぶ乳児向け絵本、1歳~3歳が寝る前に読みたい絵本とは?
簡単!色がきれい!乳児向け(0歳1歳2歳)クリスマスに読みたい絵本は?

●絵本探しは宝さがし♪


スポンサーリンク