母乳・ミルク

5ヶ月赤ちゃんがミルクを飲まなくなった原因と対策は?

5ヶ月、赤ちゃん、ミルク飲まない

スポンサーリンク

5ヶ月頃になると、急に授乳量が減ることがあります。

「最近ミルクや母乳を飲んでくれなくなった…大丈夫?」というのは、5ヶ月前後の赤ちゃんにはよくあることです。
でも、初めての育児だと、どうして急に飲んでくれなくなったのかわからず、心配になってしまいますよね。
また、どうしたらいいのかもわからないと思います。

5ヶ月前後の赤ちゃんの授乳量が減るのは、完全母乳、混合、完全ミルクどれでも当てはまる現象です。
そんな時、どんな対策をしたらよいのか、母として、保育士として、シッターとして実践してきた対策をシェアしたいと思います。
少しでも参考になりますように…では、ご覧ください。
※このブログでは、わかりやすく完全ミルクのイメージでご紹介します。

母乳育児のあなたは、こちらを参考にしてください↓

母乳 赤ちゃん 便秘
母乳を飲んでるのに赤ちゃんが便秘がち…保育士&先輩ママの簡単対処法は? 現役保育士・2児の母、いえなゆうです。 母乳育児の赤ちゃんは便秘知らず…というイメージがありますね。 しかし、実は母乳育...

5ヶ月赤ちゃんがミルクを飲まなくなったのは自然な現象

赤ちゃんがミルクを飲まなくなる原因

余裕がでてきた
→産まれてから、本能でがむしゃらにミルクや母乳を飲んでいた赤ちゃんも、この頃になると余裕が出てきます。

遊び飲みしている
→余裕がでて、遊びを覚える(飲まないで乳首をなめているだけなど)・おなかがすいていない→泣く=おなかがすいたではなくなってくる

ミルクストライキ
→このミルクに飽きた。逆に勝手にミルクの銘柄変えないで!など

運動不足
→ずっと家にいる。抱っこされている、自分で動かないなど、運動不足だとおなかが空かず、ミルクの量も減ってしまいます

授乳感覚があいていない
→ちょこちょこ飲みにしていると、1回量が少ないので飲んでいないように感じられます

一時的にペースがおちてるだけ
→赤ちゃんも人間。日によって飲みたくない日もあります。

体調が悪い
→体調が悪いと、大人と同様、赤ちゃんも食欲が落ち、ミルクの飲みが悪くなります。

便秘で苦しい
→便秘だと食欲が落ちたり、ごきげんも悪くなりがち。当然、ミルクの飲みも悪くなります。

赤ちゃんミルクの量と間隔は?

おおよその目安です。
個人差や体重によっても前後するので、おおらかにとらえてくださいね。

●生後3~4ヶ月
1回180~220mlを3~4時間おきに1日計5回程度、1日のミルク量目安は900~1100ml

●生後4~5ヶ月
1回200~220mlを4時間おきに1日計5回程度、1日のミルク量目安は1000~1100ml

●生後5~7ヶ月
1回200~220mlを4時間おきに1日計5回程度と離乳食1回、1日のミルク量目安は1000~1100ml

赤ちゃんがミルクを飲まない、量が減った!大丈夫?

目安を見て、自分の子はミルクの量も間隔もかけ離れている…心配…
と思う方もいるでしょう。
特に小柄な赤ちゃんや、しょっちゅう泣く赤ちゃんだと、余計に心配になりますよね。

でも大丈夫!
大事なのは、授乳量ではなく、体重が増えているか
わずかであっても、体重が増えていれば神経質にならなくても大丈夫、ということです。




5ヶ月以降の赤ちゃんは、離乳食開始できる体勢になっている

ミルクより、離乳食が好きな赤ちゃんもいる⁈

一般的に5~6ヶ月頃離乳食を始めることが多いです。
現代はアレルギー対策もあり、6ヶ月位からゆっくり始める方が多いようですね。
しかし、赤ちゃんの体自体は、ミルクや母乳以外の食材を摂る体勢が整っています。

ミルクや母乳を、本能的に飲む時期は過ぎた、ということ。
離乳食を始めている赤ちゃんなら、多少ミルクの量が減るのは当然。心配はいりません。

中にはミルクより食事(離乳食)が好きな赤ちゃんもいて、おなかがすいていても、ミルクより離乳食を欲しがる赤ちゃんがいます。
私の下の子がそれでした!!笑

もちろん、逆のパターンもありますよ。
赤ちゃんによって好みはそれぞれ、ですね。

とはいえ、まだ離乳初期の時期。
固形物よりミルクや母乳、水分から栄養を摂る時期です。
離乳食より授乳メインでいきましょう!

生後5ヶ月前後の赤ちゃん、ミルクの間隔があかない!対策は?

1回の授乳量を増やすには、間隔をあけることが大事。
ちょこちょこ飲みを改善し、ミルクの量が増えるための対策をご紹介します。
保育士、シッターでも実践したものばかりなので参考にしてくださいね。

外気浴・お散歩・運動をしてみよう

天候と赤ちゃんの体調をみて、午前中はお外にいきましょう!
ベビーカーや抱っこひも(おんぶひも)で一緒に歩いてお買い物もよいでしょう。

車ででかけるより、外気に触れた方が効果的。
外気に触れるだけで、赤ちゃんは疲れるしおなかもすくから、家にじっとしているよりミルクをたくさん飲んでくれることが多いんです。

雨の日は?家の中でどうやって運動する?

お外に行きたくてもいけない日、ありますよね。
雨の日や、暑い・寒い、体調がイマイチな日…
そんな日も、おうちの中でTVやDVDをみている、ママがだっこしている…だけでは運動不足になりがち。

とはいえ、特別な運動をさせる必要はありません。

運動は室内でゴロゴロ~赤ちゃんが自力で動けるようにしてあげる

これだけ。

おうちや室内にいる時は、できるだけ赤ちゃんが運動できるようにしましょう。
目の届くリビングなどに危険がないよう整備し、ゴロゴロ~っと仰向け、腹ばい、寝返りをうったり…

あまり動かないお子さんなら、横におもちゃを持ってきて横向きになるよう誘ったり…
左右交互に横向きにさせてあげるだけでも、良い運動になります。

そのためには、床に危ないものを置かない、モノをどけておく、フローリングにはフロアマットを敷くなどの対策をしてあげる必要があります。

5ヶ月前後の赤ちゃんだと、まだゴロゴロしながら吐乳することもあるので、畳でも汚れ防止のマット(布製)を敷いておけば安心ですね。

また、この時期はうつぶせで遊べるおもちゃも、赤ちゃんの運動に大活躍。
遊んでいる間に、ママは別のことができますね♪

可動式のベビーメリーや寝ころんだままさわれるおもちゃも良いでしょう。

赤ちゃんのちょこちょこ飲み防止は、水分補給が大事

お外に行く、家で運動する…どんな時も水分補給は欠かせません。
これは、季節関係なく、赤ちゃんはこまめな水分補給が必要。

しかし、水分補給の時、母乳やミルクをあげる人が多いです。
母乳であれば、水分補給としても成立しますが、ミルクだとおなかがいっぱいになり、1回量が減ってちょこちょこのみが改善しません。
また、トータルだとミルクの飲みすぎになることも多く、おすすめできません。(離乳食もすすまなくなります)。

水分補給は白湯かベビー麦茶、赤ちゃん番茶にしよう

そう、泣いたからと言ってすぐに「ミルクかしら?」「おなかがすいたのかな?」と思うのではなく、意図的にミルクの間隔をあけることがポイント。

単にのどが渇いて泣くこともありますよ。
または、乳首が恋しいだけ、のことも。
その時は、おしゃぶりが効果的なこともあります。

水分補給するだけなら、おなかにたまらないので次の授乳や離乳食に影響しません。
母乳っ子に比べると、ミルク育児の赤ちゃんは、授乳量や間隔のコントロールがしやすいので、おとなが意図的に調節してあげてください。
そうすると、生活リズムも整いやすく育児が楽になりますよ。

そのためには、水分補給はミルクではなく、白湯かベビー麦茶、または最近話題の赤ちゃん番茶がおすすめ。
特に最近話題の赤ちゃん番茶は、白湯や麦茶よりさまざまな効能があることがわかっています。
もちろんノンカフェインなので、体に優しく、デトックス効果も期待できます。
また、家族全員の健康効果があるのでかなりおすすめ。

赤ちゃんにとって水分は身体を作る上で重要なファクター。
生後5ヶ月以降の赤ちゃんは、ミルク・母乳と同じくらい、質の良い水分補給をしてあげてください。

5ヶ月赤ちゃんがミルクを飲まなくなった原因と対策・まとめ

5ヶ月以降なら、本能的にミルクを飲まなくなる
おとなが授乳間隔をコントロールする必要がある
運動させる
外気浴も効果的
便秘対策も大事
水分補給はミルクはNG。白湯、ベビー麦茶、赤ちゃん番茶で

2児の母として、保育士として、ベビーシッターとしても「赤ちゃんがミルクをのんでくれなくなった」事例はたくさんみてきました。特に、5ヶ月前後は多い印象…悩んでいるのは、あなただけではありません。

しかし、対策をすれば、授乳量が増え改善されることも多いので、できることからやってみてくださいね。

少しでも参考になりますように…

スポンサーリンク
ABOUT ME
ゆう
保育士歴11年目のアラフォー。夫、中学生の息子と娘がいます。 毎日の保育園勤務と、時々シッターをしています。 人から「ありがとう」と言われることが生きがい♡ ♡好きなブランド IENA A.P.C 無印良品 unico ♡趣味 ショッピング、ドライブ、お洗濯、家電
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。