スポンサーリンク

現役保育士・ベビーシッター・2児の母いえなゆうです。
毎日保育園で子どもたちを寝かしつけしています。
保育歴10年…たくさんのお子様を寝かしつけしてきました。
すると寝かしつける時に、赤ちゃんが好きな場所、気持ちよくウトウト~になりやすい体の部位があることに気が付きました。

トントンする、抱っこでユラユラ…は定番ですが、
ここではお布団に寝た態勢で、効率よく入眠させてあげられる寝かしつけの仕方、
子どもたちが触れられて心地よくウトウトできる体の部位をお伝えします。
■関連記事
赤ちゃんが寝る・泣き止む音楽とは?赤ちゃんがぐっすり眠れて夜泣き対策になる音楽を集めました

夜泣きは赤ちゃんの生理現象…原因と対策、秘訣は生活リズムを整えることが第一

なかなか寝てくれない…保育士流☆赤ちゃんの寝かしつけ方をご紹介します

魔法のねかしつけ…赤ちゃん(0・1・2歳)がウトウト心地よくなる体の部位はここだ!

その1・おでこ

仰向けでも横向きでも、おでこを高速で左右にさすってみて

あとはくるくる円を描くようにさする

赤ちゃん 寝かしつけ方

高速は最初だけ、だんだん眠そうになってきたらゆっくりに切り替えます。
そこはママのさじ加減で大丈夫。
いやいや、まだ寝ないよ、と動く・泣くときは再度高速で。

リズムってとても大事なんです。
その子の好きなリズムがあります。
しかし、まだ寝てくれそうもない時は速く
ウトウトしてきたらゆっくり…にしていくのがコツ。

さするのはおでこを左右にさする。

その後は、円を描くようにさする。

その2・眉間

その1・おでことセット。
おでこをさすって眠気を誘う合間に、スパイスとして指で眉間を縦になぞります。
眉間は優しく、上から下にさすると良いかも。
赤ちゃん 寝かしつけ方

また、最後の仕上げに眉間をなでて終了!にも。
眠くなる魔法の場所です♡

ちなみに、私も赤ちゃんの時、「眉間をなでなでするとコロッと寝たよ」と母に教えてもらいました(笑)

スポンサーリンク



その3・ふともも

私的、魔法の場所は足!
中でも「ふともも」はかなり寝かしつけに効果的な部位であると実感してます。
厳密には「ふともも横」

ここを手のひら(片手でも両手でも)で上下にマッサージ。

赤ちゃん 寝かしつけ方

また、一番効果的なのはその1・おでこと片手ずつ同時にさすること。

そこは、赤ちゃんの状態によってママが変化をつければオッケー。

私は片手ずつやっていることが多いです。
多少、手は疲れますが、赤ちゃんが寝てくれた方が良いですからね♪

私は、右手(利き手)を赤ちゃんの右のふとももに置いて、親指で下から上にグッ!グッ!と押しながらマッサージすることが多いです(画像は右手で撮影しているため、左手でマッサージしてます)
赤ちゃん 寝かしつけ方

最初は速く、徐々にゆっくりと…

もちろん、手のひら全体を使ったマッサージも効果的ですよ!

手のひら・親指をうまく使って赤ちゃんをマッサージしてあげる気持ちでやっています。
大人と一緒で、気持ちよいと眠くなるんですね♪

その4・足の裏・足の指

寒い時期や、足が冷えている時。
また、低月齢の赤ちゃんにおすすめな場所です。

足の裏を手のひらで包み込んで温めてあげたり、足の指をママの親指と人差し指で1本ずつはさみ
くるくるっと揉んであげる。
ベビーマッサージでもポピュラーです。
血行がよくなって眠りを誘うのだと思います。

大人でも、冷え性だとなかなか入眠できないですよね…

赤ちゃん(0・1・2歳)の魔法の寝かしつけ方法は、夜泣きや途中で起きてしまったときの再眠にも使えます

その1~その4まで、赤ちゃんがウトウトする体の部位と心地よくねんねできる寝かしつけ方をご紹介しました。

子どもたちが触られて心地よい場所は、お昼寝や夜寝ている時の途中覚醒や夜泣きをしたときに同じように触れてあげると、
再眠させてあげられます。

ポイントは、隙を与えず高速でさする、マッサージしてあげること。
ゆったりした気持ちでなくても構いません。
だって、そんな時ゆったり構えられませんよね(笑)
「だめだめ!まだねんねの時間!寝て~寝て~!」という気持ちのはず(笑)

よく、「子育てはゆったりと。おおらかに。」と言いますが、親だって人間。
焦るし、イライラだってする。
寝かしつけだってそう。

子どもが寝られるなら、多少イライラしてても焦ってもいいのです。
それより大事なのは、「きちんと寝かしつけしてあげる」こと。

ここで紹介した方法で、少しでも楽に効率よく寝かしつけをしてもらえればとても嬉しいです☺

■関連記事
赤ちゃんが寝る・泣き止む音楽とは?赤ちゃんがぐっすり眠れて夜泣き対策になる音楽を集めました

夜泣きは赤ちゃんの生理現象…原因と対策、秘訣は生活リズムを整えることが第一

なかなか寝てくれない…保育士流☆赤ちゃんの寝かしつけ方をご紹介します

スポンサーリンク