スポンサーリンク

 

「イヤイヤ期でごはんを食べてくれません。どうしたらいい?」
ママたちの定番の悩みです。

一生懸命用意した食事をイヤイヤ!
拒否されると悲しいですよね…
「なんで食べないのっ!」てイライラ…

これが、毎日毎食続くとなると…「キィーーーーーーッ」と発狂したくなりませんか?

私はそうでした笑

 

「頑張って食べる」は子どもにとって必要な試練

 

実際に発狂するかしないかは置いといて、こんな時はどうするか?
結論は「一口は食べてもらう」です。
 

スポンサーリンク



試練がないとイヤイヤ期→わがままな子になってしまう?!

保育士研修で聞いたお話ですが

子どもにとっての初めての試練…それが苦手な食材を食べること」なんだそう。
これを頑張らず成長してしまうと、これからどんどん与えられる試練を乗り越えられない
ひ弱でワガママな子になってしまうとのこと。

文字にするときつい印象になっちゃいます…ごめんなさい
でも、確かにそうですよね、なんでも「ハイハイ」大人が子どもの言いなりになっていたら
ガマンできないワガママちゃんに育ってしまうでしょう。

 

 

1歳半以降なら言葉のかけひきを!「ひとくちだけ」は魔法の言葉

イヤイヤ期はおおむね1歳半前後~。
子どもに自分の意見や好みが出てきて、大人に自己主張し始める時期。
今まで本能的になんでも食べていた赤ちゃん時代を卒業して、自分の好み
が出てきます。

特に野菜は食べなくなる傾向がありますね。
「これ(一口分)だけ食べたらおしまいだよ」
「これ食べたらこっち(好きなもの)にしようね」

 

など、一回頑張るだけ・頑張ったらおたのしみがあること
を伝えてみましょう。

最初はそれでも「イヤイヤ~ッ!」と食べてくれないかもしれません。
しかし、毎日繰り返し声かけしていくと、ある日を境に食べてくれるよう
になります。

すると、子どもも自信がつくのです。

「ぼく、わたし、きらいなものもたべられた!!ほめてもらえた!!うれしい!!」

この自信と達成感は、食事だけでなく今後の試練に立ち向かう時の力になります。

「たかが食事」ではないのですね。

食べてくれないからといってあきらめず、一貫した姿勢を貫くことが大事です。

1歳半前後の子どもは、言葉がしゃべれなくても相手の言ってることは大体わかっています。
なので、「ひとくちだけ・これだけ」のやり方が使えます。

 

子どもががんばるために…苦手なメニューは減らしてしまおう

 

もう一つ効果的なのは、「お皿に盛りつける量を一口分にしてしまう」こと。

視覚からアプローチする方法です。

大人だって、苦手な食材がお皿に山盛りになっていたらうんざりしますよね。

お皿にはその子が頑張れる量だけを盛り付けるのです。
一口なら一口分、その半分ならその半分だけ。
大人は「これだけっ?」と思うかもしれませんが、それでOKです。

ここで欲張って量をふやしてしまうと逆効果で、昨日はがんばれたのに頑張れなくなってしまうかもしれません。

すこしづつ…すこしづつ…スモールステップでいきましょう!

他にも、大好きな汁物と交互に食べさせるのも食事がすすむポイントになります。

保育士が日々実践している方法、ご家庭でも取り入れてみてくださいね。

スポンサーリンク